ロゴ

外壁塗装には種類がある?【塗り替えタイミングのセルフチェック】

塗り替えタイミングはセルフチェック可能

ダメージを受けやすい外壁塗装は、定期的な塗り替えが必要になります。しかし、見た目だけで塗り替えタイミングを計ることは難しいと言われています。下記では、塗り替えのタイミングの確認方法を紹介しているため参考にしてみてください。

塗膜劣化の確認方法

  • 塗装のツヤが残っているか確認
  • 塗装の色が塗りたて時期と変化ないか確認
  • 外壁を触ったときに白い粉が手につく
  • 苔や藻などがついている
  • 塗装がふくれている
  • 塗装が剥がれてしまっている
  • 外壁にひびがある

外壁用塗料の選びかた

塗り替えが必要とわかっても、どの外壁用塗料で依頼すべきか悩みますよね。そんな人は、人気のある塗料の中から魅力を感じるモノを選んでみましょう。多くの人から人気のある塗料の種類が分かれば、どの種類を選ぶべきなのか判断しやすくなるかもしれません。

人気の塗料ランキング

塗装
no.1

フッソ樹脂塗料

約12年から15年ほどは耐久性がある外壁塗料のため、一度の施工で長持ちさせたいと考える人達から人気です。フッソ樹脂塗料は、耐候性や耐汚染性にも優れています。防カビ性・防藻性もあり仕上がりもキレイなため、1位に選ばれているのでしょう。

no.2

シリコン系塗料

2位に選ばれたのは、シリコン系の外壁塗料でシンナーを使用しないタイプが人気です。施工中に発生する塗料の匂いが気になるという人達から人気です。匂いを感じにくいというメリットだけでなく塗りやすいというメリットもあります。

no.3

ハイブリッド断熱塗料

ハイブリッド断熱塗料には、室内温度を抑えることができるものもあるためエアコン使用時の電気代を抑えることができるといった魅力があります。水性の1液型で安全性・耐久性に優れているため、この種類も人気です。

no.4

光触媒塗料

光触媒塗料は、静電気を防ぐ効果があり、耐用年数や約20年と長いことで人気があります。また、紫外線吸収剤が含まれているため、紫外線カット効果にも期待できるでしょう。

no.5

遮熱系塗料

耐用性に優れ、外からの熱を直接受けないよう反射させてくれる塗料です。室内を快適に過ごしやすいよう考えたい!という人達から人気を集めています。

外壁塗装は塗り替えるべき?「塗装の劣化はトラブルの原因」

ウーマン

外壁塗装は定期的にメンテナンスしよう

雨や風・紫外線などの影響を直に受けてしまう外壁塗装は、定期的にメンテナンスをしなければ劣化してしまいます。外壁塗装が劣化してしまうと、外壁がひび割れてしまい雨などの水分が建物内に侵入してしまいます。そうなると、鉄筋部分のサビにつながり、住宅に大きなダメージを与えてしまうと言われています。そのため、劣化現象が出ている外壁は、早めにメンテナンスをする必要があるのです。
外壁塗装を業者に依頼するときは、費用や塗料の種類などを調べておきましょう。業者によって施工費用・扱っている塗料の種類が異なるため事前に確認しておくことで価格・コスト的にも納得のいく塗料を見つけることができます。