ロゴ

塗料によって塗り替え回数が変わる!?外壁塗装の基礎を知っておこう

HOME>レポート>外壁塗装を長持ちさせるコツがある|塗料もいろいろ

外壁塗装を長持ちさせるコツがある|塗料もいろいろ

住宅

耐久年数が長い塗料を選ぼう

ウレタン塗料なら概ね5年から8年、シリコン塗料ならおよそ8年から12年など、塗料は種類によって耐久年数が違います。ですから八尾市で外壁塗装工事をお考えの際は、耐久年数にも着目して、使用塗料を決めて欲しいところです。塗料も新製品が登場していますから、最新塗料なら同じシリコン系でも、約12年から15年の耐候性を持つタイプもあります。また、防カビや防藻など、様々な外壁トラブルをシャットアウトしてくれる高機能塗料を選ぶのも得策です。そして、耐久年数から使用塗料を決める場合、フッ素樹脂系の塗料を選んでみてはいかがでしょうか。とりわけフッ素樹脂がベースの光触媒塗料が良く、水と光の作用で外壁の汚れを防ぎ、塗膜も20年程度持つため、外壁塗装の回数を減らせるのが魅力です。

塗装

定期的なメンテナンスは欠かせない

どんなに強い風雨でも、家の中に入ってしまえば快適に過ごせますが、これは住まいの外壁がそれらをブロックしてくれるからです。逆に言えば、外壁は24時間365日、風雨や直射日光、それに大気中を舞う汚染物質などに晒されていることになります。それらから外壁を守っているのが外壁塗装の塗膜ですが、経年劣化により傷むことも避けられません。塗膜の効力が落ちれば、次は外壁が直接ダメージを受けますから、定期的に外壁塗装を行い、常に塗膜の保護能力を保つ必要がある訳です。外壁のメンテナンスは家の寿命を延ばすことにほかなりませんので、もしも塗膜が傷んでいる時は、八尾市の地元業者へ早めにご相談ください。そして八尾市で塗装業者を選ぶ場合、アフターケアを比較しておくのもおすすめです。